太陽光発電と蓄電池の組み合わせはどこがいいのか

Posted by

蓄電池で光熱費が節約できる

蓄電池を導入すれば、家庭の光熱費が節約でき、電気の使用量もしっかりと管理することもできます。深夜は電気を使用することが少ないため、その時間帯に使用しない電気を蓄電池に貯めておけば、電気を多く使う時間帯にその電気を使用することができ、毎月の光熱費を節約することができます。蓄電池はピークシフトに貢献することができ、電力需要のバランスをうまく調整することができます。ピークシフトとは、電力需要のピークを避けて電気を使用することを言います。

太陽光発電との組み合わせは最適

太陽光発電は日常で使う電気を太陽光で賄うことができ、その発電で得られた電気が余ったら売電することもできます。この太陽光発電と蓄電池を組み合わせれば、効率よく電気の管理ができ売電量が増えます。蓄電池があれば、太陽光発電で賄えない時間帯を蓄電池にたまった電気で賄うことができます。これにより、電力会社から購入する電気を減らし、節約に大きくつながります。また、太陽光発電を日中に行い、その間蓄電池の電気を利用すると、たまった発電量が多くなり売電すると利益が多く得られます。

蓄電池はいざというときに便利

地震などの自然災害が発生した場合、電気がないと生活ができなくなります。そんな時に蓄電池を活用すれば、いざというときにたまった電池を使用することができるので、もしもの時に最適です。小さなお子様やお年寄りなどにとって電気は重要なものになるので、蓄電池で賄えれば災害時は安心して生活ができます。重要なライフラインが途切れても活用できます。日中に太陽光発電で得た電気を蓄電池にためられる製品があるので、導入するときは災害時のことも意識するといいのではないでしょうか。

フォーアールエナジーは、体力を増強したい場合に、積極的に利用をすることがオススメされる健康食品といえます。