個人事業主は悠々自適でストレスフリー?自営業の始め方

Posted by

自営業を始めた人のきっかけや動機

自営業はサラリーマンと違って人間関係に悩むことが少なく、悠々自適に仕事をしているように感じますよね。実際に、自営業では上司はいませんし、家族経営の場合は同僚や仕事のパートナーも家族ですから、人間関係のストレスはサラリーマンよりもずっと少なくなります。自営業を始めた人のきっかけや動機というのも、自分のやりたい仕事がしたいという信念もありますが、それ以外の理由として人間関係のストレスを解消して自由に働きたいという想いも開業の理由の一つでしょう。

自営業を始めるときに重要なこと

自営業を始めるきっかけとして、働き方た人間関係の面での自由を手に入れたいという動機は不純なものではありません。サラリーマンで働いている人にとっては逃げているように思われるかもしれませんが、開業で手に入れる自由には大きな責任が伴います。自分の働き方次第で収入は大きく変動しますし、失業保険などの保障は一切ありません。そのため、自営業を始めるときは運転資金の確保に神経を傾けるのではなく、失敗した時の生活費を確保しておくことが重要ですよ。

自営業の始め方で大切なのは手続きよりも精神面

自営業を始めるときに大切なのは、どんな手続きをしたらいいのかや運営していくための知識だけではありません。そのような事務的なことよりも、精神面が重要になります。個人事業主として事業をしていく過程で、さまざまなトラブルや問題が発生します。その時に、サラリーマンを辞めたことやサラリーマンではないことを激しく後悔したり、雇われて働いている人を羨ましく思ったりするでしょう。これから自営業を始めようと考える人は、事業の展望や運営方法、手続きばかりに気持ちが向きがちです。しかし、個人事業主として走り出す前に、苦難に直面した時のことを想像し、それでも手に入れたい自由があるのかを慎重に考える時間を十分持つようにしましょう。

フランチャイズ経営は、脱サラなどを考えている会社員にとっても、魅力的なプランのひとつとして扱われています。