線引きが難しい!?兄弟同士のプライバシー確保

Posted by

兄弟も成長に従ってプライバシーを主張する様に・・

幼い頃は兄弟同じ部屋を利用し何の問題も無く成長してきたものの、歳を重ねるごとにプライバシーに対する意識が高まって神経質になり、お互いストレスを感じる様になるものです。歳の近い兄弟を2人以上持った親世代なら多くの人が経験しているものですよね。この様な場合におけるお互いのプライバシー確保は中々難しいものなのです。急に家の間取りを変更する訳にはいきませんし、親の経済的な都合というのもあるでしょう。一般的には子供達が一人暮らしをし自立するまでの辛抱、と捉えている親が多いのは事実でしょう。

同じ部屋ならパテーションを区切る工夫も

兄弟一人一人に一部屋をあてがえる様な豊かな家庭はそうそう無いでしょう。出来れば同じ部屋を上手く区分けし、兄弟がお互い干渉し合わない快適な環境作りを達成するのがベストに違いありません。その際最も有効なのは何らかの方法で兄弟一人一人のエリアをパテーションで区切るという方法。物理的にカーテンやパテーションを設置し各々が自分の作業に集中出来る様整えるのも良い発想でしょう。とは言え兄弟ですから、肝心な時には濃密なコミュニケーションが取れる様、最低限お互いが連絡出来る柔軟性だけは確保しておきたいところですよね。

男女なら出来るだけ部屋分けしてあげる努力も

同性の兄弟姉妹であれば同部屋でも工夫次第で何とかやってゆけるものですが、これが男女兄弟ともなると、成長と共に性差という難しい問題が浮上してくるものです。個人としてのプライバシーの他に、異性に覗かれたくないという別途のプライバシー問題が成長と共に生じ、同じ部屋ではいずれ限界が生じてしまうものなのです。その際出来れば同部屋というのは避け、お互いが安心出来るスペースを別部屋に設けてあげるというのがベストですが、それも経済的に不可能な場合、より厳重なパテーションを作るといった努力が必須となってくるでしょう。

会社や国が知られたくないものが書いてあるのが機密文書です。これが知られたら大損害を受けたりするものです。

機密文書の廃棄の詳細はこちら
機密書類の廃棄ならこちら