検索エンジンで、ご自身のホームページを上位に表示させるには?

Posted by

検索エンジンは進化し続けています

昔の検索エンジンは、インターネットの利用者を満足させていたとは言えないものでした。それはなぜかと言うと、昔の検索エンジンはクリックされてアクセスの多いホームページを、上位に表示させてました。この方法が、間違えていました。そう聞くと「アクセスが多いホームページは、参考になるからアクセスしてきた人が多いのでは?」そう思われても仕方ないのですが、なかには不正行為によりアクセス数を増やす人が増えてきました。それは意味もなく同じ人が何度もクリックをして、アクセス数を増やす方法です。これにより、内容の悪いホームページでも上位に表示されるようになりました。そのために検索エンジンは、上位に表示されるホームページの条件を変えていきました。条件が変わり続ける検索エンジンの上位に表示させるための技術や方法を「SEO」と言われています。

アクセス数から、外部SEOへ

検索エンジンが、上位にホームページを表示させる方法を、多くリンクされているホームページに変更しました。アクセス数を不正に増やす行為に、対抗するための措置でした。多くのページからリンクされているホームページなら、内容も参考になるものと考えられます。この方法なら、アクセス数を増やすよりも不正行為はおこりにくものと考えたのでしょう。しかし人工的に、リンクを作るような行為が行われました。再び検索する人の期待に応えられないホームページが検索エンジンの上位に表示されるようになりました。このように検索エンジンが外部SEOを重視するようになっても、不正行為を防ぐことはできなかったのです。このように検索エンジンが、上位に表示する条件や仕組みのことを「アルゴリズム」と言います。SEO対策はこのアルゴリズムに合う、ホームページを作らないといけないのです。

外部SEOから、内部SEOへ

検索エンジンが外部SEOを重視しても、不正行為を防げませんでした。そのために今度は「内部SEO」を、重視するようになりました。内部SEOとは、ホームページが更新されている回数や利用者に参考になるホームページなのか見るようになりました。その他にも、キーワードも必要以上に詰め込まれていないかなど、不正行為を監視するようになりました。このようにアルゴリズムは複雑になっており、不正行為が簡単に出来なくなりました。必要以上にキーワードを詰め込むのは良くないのですが、キーワードが少なすぎても良くありません。キーワードの数ではなく、タイトルタグにキーワードを配置する場所が重要になりました。そして、分かりやすい文章や参考になるホームページ制作をすることが内部SEO対策になるのです。

ホームページ作成とSEOのテクニックをマスターすることで、検索エンジンをスムーズに最適化することができると言われています。