オーナー希望者は知って置こう!開業スタイル3選

Posted by

自由な営業スタイルでOK!代理店とは

企業が展開する商品をダイレクトにエンドユーザーへの提案や販売を行わない場合など、販売の事業領域は主に代理店が担います。代理店は、企業やメーカーから商品やサービスの販売を行うことを契約し委託されます。販売代理店として、委託する企業やメーカーが販売を行わない場合など、サービスや商品購入後のサポートやユーザー保障も担います。代理店は、同時に複数の企業やメーカーと販売の委託契約を結ぶことが可能なので、様々なブランドや商品を同時に販売することも可能です。またライフスタイルに合わせて自宅販売などもすることができるので開業しやすさがありますね。

ブランドイメージが大切!フランチャイズとは

フランチャイズはコンビニエンスストアの経営などで良く知られているスタイルですよね。フランチャイズ元のメーカーや企業から商品や商材に関する知識や、運営や販売に関する方法、開業方法などを教えて貰う形で営業を開始します。ノウハウを教える側の企業をフランチャイザー、提供される側をフランチャイジーとし、フランチャイザーの指示に倣う形でのマニュアルによる接客や、看板から商品・価格に至るまでどこのフランチャイジーも同じに提供がされます。一般的に開業や運営をサポートする見返りとして売り上げの何割かや定額をロイヤリティとしてフランチャイザーである本部へ支払う制度になっています。

屋号に恥じないサービスを!のれん分けとは

代理店やフランチャイズとは趣の違う開業のスタイルとして、のれん分けがあります。のれん分けは、大型の企業やメーカーとは違う、主に小売店である寿司屋やラーメン店、和菓子司やパティスリーなどで従業員として修業を積むことで実績と腕を上げ、屋号を使用しての独立を許された場合に開業することが出来ます。屋号が人気や有名店のものならば開業時に話題となり易く、集客がある程度見込めるでしょう。開業後は自分で自由に営業や運営の方法を選択できます。

代理店の募集について知りたいときにはパソコンやスマホ、タブレット等を利用し情報の収集をすることが有用です。スピーディーに情報収集をすることができます。